今、カリフォルニアは15日の午後1時半を過ぎようとしているところです。
昨日の夜に無事にチコに着くことができました。
今回のアメリカ復路も最初のダブル欠航ほどではありませんがそこそこネタになりそうな感じだったのでブログにしていこうと思います。

今回わたしは
成田->バンクーバー->サンフランシスコ->チコ
というルートで帰ってきました。
飛行機を予約したのが出発の6日前とかで、成田->サンフランシスコ->チコのルートはとてつもなく高かったのでこんな感じで帰ってきました。
(ほんとはシンガポール航空でLAに行きたかったんですよw)
From Skitch
カナダとアメリカはもちろん違う国ですが、普通に国際線に乗って入国するのとはまたワケが違う入国の仕方をします。
要はカナダでカナダの入国審査ではなくアメリカの入国審査をするわけです。
Twitterで仲良くさせていただいてるカナダに留学してるあかりさんから入国に関して事前にいろいろアドバイスをもらっていたので慌てることなく入国できてよかったです。
そんな事実を今回はみなさまにご紹介しようと思います。

【成田からバンクーバーへ向かうときの飛行機の中で】

国際線の飛行機の中ではその国へ入国するための税関申告書を書きますよね。客室乗務員の方から必ず1枚(家族で入国する場合は家族で1枚)もらうはずです。

カナダに入国するときはこんなカードですね → http://www.cbsa.gc.ca/publications/forms-formulaires/e311-eng.pdf

しかし今回私はカナダでサンフランシスコへ向かう飛行機へ乗り継ぎをするので、カナダに行くにも関わらずアメリカの税関申告書を書きました。
(アメリカだとこれですね → http://www.cbp.gov/travel/us-citizens/sample-declaration-form

最初はカナダの申告書をもらっていたのですが、アナウンスでアメリカへ乗り継ぎがある人はアメリカのを書かないといけないと言われたので到着間際にカードをもらいました笑
隣のおじさまもシカゴ行くとかなんとかでお互いにギリギリセーフでした。

【バンクーバー国際空港に着いてから】

飛行機降りたらまず、"Canada Arrival""U.S. Connection"二つの案内表示が見えてくるはずです。
バンクーバーが目的地だとCanada Arrivalの方向へ向かえばいい話ですね。
今回わたしはサンフランシスコへの乗り継ぎなのでU.S. Connectionの方向へ向かいました。ちょうどそこの分岐点のとこに案内のおばちゃんが立っているので分からなくなったらおばちゃんに聞けばいいと思います。

それでU.S. Connectionの方向へ向かったら、航空券とパスポートのチェックがありました。そこでESTA入国かビザ入国か聞かれます。(まとめて航空券をブッキングして乗り継ぎがある場合は最初の空港でそのあとに必要になる航空券すべてを発行してくれる)

そのチェックを無事に通過すると手荷物検査があります。日本から海外へ行くときはここで靴を脱ぐ必要はありませんが、ここはカナダだったから靴は脱ぎますね。

それで手荷物検査が終わると航空券の提示を求められました。そこで航空券に印刷されてるバーコードをピっとするとそこにあるモニターに私のスーツケースの写真が出てくるんです!「これがあなたのBaggageだよね?」との確認です。航空券のバーコードにはそんな情報までもが入っているんですね。テクノロジーの進化に驚きを隠せず係のお姉さんに思わず笑顔を振り向いてしまいました。
いつもサンフランシスコ乗り換えでチコに向かうときはスーツケースをわざわざピックして国内線チェックインの前にある預け場で預けるんですが、バンクーバーではピックの必要がなくてこうやって確認までしてくれて楽でした。

そのあとは税関です。いつも通りパスポートと航空券とI-20を見せて通過です。
カナダに来たのにアメリカの税関ですからスタンプがアメリカのやつなんですよね笑
カナダに来たという実感なかったですw

アメリカ行く人専用の税関を通り抜けたわけですから、そこを出たら私が見る限りすべてのゲートがアメリカへの飛行機のものでした。
バンクーバーの空港は広いですが、こうやって限定されてるとこに導かれる仕組みになっているから私が乗る飛行機のゲートもすぐそこでしたし、初めてサンフランシスコに来た時みたいに空港であたふた迷うこともなく行けたのはよかったですね。

そんなこんなで6時間ぐらいブログ書いたり、ヨガをやるお兄さんの観察をしたり、お昼寝したりしてサンフランシスコへ向かう飛行機に乗りました。
バンクーバー国際空港のゲートのベンチもところどころにUSBさすやつとコンセントがあって助かりました。WIFIももちろん通ってますが、場所によってはまったく入らないとこがあるし、良く入るところが冷房ガンガンだったのでモコモコ靴下履いてパーカー着てせっせとブログ書いてましたw

ここのゲートで日本人はほっとんどいなかったですね。なんとなくでこの人日本人かなってのが1人いたくらい。アメリカ人と中国人が圧倒的だった。


とまあ私の今回のアメリカ復路でした。
サンフランシスコでの焦りについては別記事で書きますね。
これからカナダを経由してアメリカに入国される方はぜひこの私が書いたことを覚えてスムーズに入国していただけたらと思います。