どうもこんにちは。
一週間にわたる東京での活動(といっても飲み歩きですが)を終えて久々に実家に帰ってきました。
土曜日まではまとまってゆっくりした時間が取れるのでブログの執筆にも力を入れていこうと思います。

昨日はTwitterでも仲良くしていただいているTakenakaさんと吉祥寺でラーメンを食べたのです。
そこで成蹊大学の図書館の話になり、じゃあ大学見に行ってみようかということになり大学まで案内していただきました。

成蹊は高校の時の仲良しの友達が通っているので一度行ったことがあったのですが、その時は春休みで人がぜんぜんいませんでした。
しかし今回は学期中だったので大学生がわんさかいました。

キャンパスにいる、あの東京の大学生のキラキラキラーン☆みたいなオーラなんなんですかね。もう何回も見てるけど改めてびっくりしましたよ。
なんかキラキラがついてますよね。醸し出されるオーラに。
言葉では表しにくいんで図にしました。(※絵が下手くそでごめんなさい)
photo-2

そしてそのときの様子をTwitterにちょっと書いたら思いのほかRTが多くてびっくりしました。
わたしは元々京都の大学に行っていたので東京の大学がよくわかっていないんですが、なんかもう東京と京都ってほんと全然違いますね、大学生の雰囲気が。

立命とか同志社とか普通に大学の中に入れますけど、東京の大学はもう恐れ多いですよ。怖い怖い。
あの都会オーラなんなんすか。まあ都会だから仕方ないんですけど。やっぱ田舎者は入っちゃダメです。
以前に立教大学と青山学院大学に行ったことがありましたがもうこの二つの大学と成蹊大学は私の中で別名「リア充大学」なのでアメリカのど田舎でヘラヘラしている京都の元女子大生なんかそこで息をしてはいけない次元ですよね。呼吸をしてすみませんでした。
成蹊は立教と青学よりも高い数値の全力リア充値がたたき出された気がします(※私の勝手な判断)

ツイートにも書きましたが、ほんとCanCamとかJJに出てくるような美女たち、そして東京の大学のミスコンに出てくるような美男子たちが仲睦まじく勉強してるんです。
「うおっっこれは絵ですか…?写真ですか…?うあああああなんなんだーーーーーー」
って心の中で叫びながら美男美女の勉強風景を拝みました。お腹いっぱいでした。ごちそうさまでした。

その図書館やカフェテリアでの美男美女の勉強風景を赤文字雑誌の大学紹介ページで使ったらどうでしょうか。最近大学の紹介コーナーたくさんあるじゃないですか、あれですよ。
「いつもこんな感じでサークルの仲間たちと勉強してるんです♡」
みたいに吹き出し付ければ最高なページになりますよ。
それを見たきらびやかな大学に憧れる高校生たちはその大学に出願すること間違いなしです。そして成蹊は図書館が近未来なんで最高のロケスポットとモデルを兼ね備えているじゃないですか!うっひゃーっ!って感じですね。(それが紙面になったら私にアイディア料ください笑)

東京の大学ってすごいですね。なんか根拠はないんですがすごいです。あの全力で溢れ出てくるリア充オーラ。みんな毎日楽しいんだろうなあ。わたし東京の大学に行ってたらそれこそ精神科通院の騒ぎでした。

京都の大学にもそれなりに全力リア充はいますが、なんかやっぱ言っちゃ悪いけど東京にはかなわないんですね…。こんな私でも大学生できたところですし…。

とまあそんなことを昨日は思っていました。
でも楽しかったです。普段行けないようなところに足を運んで全力リア充な大学生を拝むことが出来て私は幸せです。