(2014年10月28日EDT加筆・修正)

アメリカに住むようになってから当然のごとく飛行機に乗る機会が増えました。日本に一時帰国するとき、そしてこないだ行ってきたような旅行のときですね。今も成田へ向かっている飛行機の中でこの記事を書いています。

私は飛行機に関する相談はこないだデンバーでお世話になったKayくんにすることが多いです。彼はとても飛行機事情に詳しいので。それで彼に教えてもらいながら自分なりの飛行機の予約の仕方などを確立してきたのでそれを今回のエントリで紹介しようと思います。

たくさん飛行機に乗ることが多い人向けに書いていますが、やり方などは旅行やバックパックでどこかにいくという人にもおすすめできるので参考にしてくださったらとても嬉しいです!

それでは本題に。

飛行機のチケットをブッキングする上でポイントになることは…

①絶対に代理店は使わない

代理店というのは例えばJTBやHISになります。これらの代理店が出している格安ツアーに参加するのであれば話は別ですが、航空券だけを購入して飛行機に乗って海外に行くときは個人でネットで買ったほうがお得になります。代理店を通すというだけで手数料がかかるということですからエクストラでお金がかかってしまいます。
私も最初にアメリカに行くときはやり方がなんにも分からなくて不安だったので渋谷のHISにお世話になりましたが、今思えば自分で探したほうがもっと安い航空券あったんじゃなかなって思うくらいです。(まああのころは右も左もわからなかったからなあ…)

②基本的に英語のサイトしか使わない

日本語でブッキングしたことがないのでよく分かりませんが、英語のサイトを駆使したほうが安いものが見つかる気がして英語のサイトしか使ってないですね。
そして日本のサイトだともしもなにかあった時に問い合わせが大変だなあって思ったんです。
こないだデンバーで知り合った日本人の方がDeNAの旅行サイトで飛行機のチケットを購入して、それでデンバーにきてからいろいろ問題が生じたので問い合わせてみようとなったんです。だけどカスタマーセンターの問い合わせ時間は日本時間の日中です。なんで24時間対応になってないんだっておどろきましたね。なので時差を考えて電話をしなくちゃいけないのでどんどん遅れるわけです。
日本のサイトはこういうところでまだまだ柔軟に対応しきれていない面が強くていろいろ面倒なので英語のサイトで24時間対応しているところが一番なんですよ。それにアメリカだと航空券にかかわらずいろんなところでチャットサービスが充実してます。喋りに自信がなくても書くと言うことでどうにかなるかもしれないですね。

【英語のサイトで航空券を購入する際に分かっておくといい英単語】

*Round Trip : 往復チケット
*One Way : 片道チケット
*Multiple Cities : 複数都市に行くときはこれを選択
*Book : 予約をすること
*Depart ⇔ Return : 出発日と帰る日
*Layover : 乗り継ぎフライトまでの待ち時間
*Reservation : 予約したものの確認
*Confirmation Number : 自分の航空券の番号(セルフチェックインするときにこの番号を入力してチケットを発行する)

③主に使うのはGoogle Flight
そして私がいつも使うのはGoogle Flightです。

Google Flightの便利・良い点

⑴ カレンダーで一番安いチケットが一瞬で分かる
私がGoogle Flightに一番惚れ込んだのはこのカレンダーを使って値段が全て一瞬でわかることですね。日付の変更もしやすいので自分が都合がいい日をいろいろ考えながらブッキングすることが可能です。
カレンダーでわかるから、月の変更もしやすい。どの月の飛行機が一番安いのかなども簡単にわかることができます。
05
ためしに東京ーニューヨークで検索してみました。(写真をクリックすると詳細ページに飛びます)
緑になっているところが安いとこですね。そして下のグラフで値段にどれだけの変化があるのかがすぐにわかるようになっています。
こうやってカレンダーになっているのは自分の予定を確認するうえでもとても便利ですよね。

デザインもスタイリッシュだからとっても見やすくて重宝しています。

⑵ 購入はその航空会社のサイトできる
購入する航空券が決まったら、Bookのボタンをクリックします。そしたらGoogle Flightでは搭乗する航空会社のサイトに飛ぶ仕組みになっています。
私はユナイテッド航空でマイルを貯めているので、アメリカ国内線でも日本に帰るときもユナイテッドをいつも利用しています。なのでこうやって私の場合ユナイテッドのサイトに飛んでくれることはとっても助かるわけです。自分の履歴もユナイテッドのアカウントで管理してるし、それでサイトに飛んでくれることによってマイルも確実に貯まりますしね。
最安値のチケットがわかって、そしてその航空会社のサイトで購入することができるのはGoogle Flightぐらいなんじゃないかなって思うんですよね。安いチケットを提供するサイトはいろいろありますが、マイルを管理する上では私はGoogle Flightが一番ですね。


④乗り継ぎがある場合はそれぞれの飛行機の会社が提携関係にあるかどうかの確認

航空会社のグループは大きく分けてA STAR ALLIANCE MEMBER(ANA, AIR CANADA, アシアナ航空など)とOne World(British Airways, JAL, マレーシア航空など)があります。例えば私は今度アメリカに帰るときはアシアナ航空とユナイテッドを使うんですが、この時にこの二つの航空会社が提携関係であることがマイルをためる上で大事なんです。提携関係じゃないとマイルの移行ができないのでバラバラにたまることになってしまいます。
わざとバラバラに貯めたいと思う人なら話は別ですが、一つのアカウントでたくさん貯めたいと思う方はこのチェックは大事なので確認してみてください。

⑤飛行機に乗る曜日や月への配慮

新幹線や電車は値段が一律ですが、飛行機は日によって・月によって値段が大きく変わってきます。
1日違うだけで数百ドル違うなんてことは日常茶飯事です。
ここで私が分かる範囲ですが、お得&要注意な曜日・月をリストアップしていこうと思います。

【お得】
・火曜, 水曜, 木曜などの週の真ん中の曜日は他の曜日に比べて比較的安め
(※もちろん例外もあるのでこういう時にGoogle Flightのカレンダーを利用して具体的な値段を確認してみてください!)
・アメリカの学生の大型の休み直前は安い (※他の国の事情はわからないです…)
(例えば、セメスター制の学生なら5月は期末試験まっただ中なので、今年は5月は激安でした!)

【要注意】
・週末は値段が高めになる
・アメリカの学生の大型休みに入るとうなぎ上りに値段が上がっていく (まあみんな帰省しますから当然のことか…)

⑥要注意ポイント

一つ私が強く確認をおすすめするポイントがあります。乗る飛行機の機体とそれを運行する航空会社です。
ここで例としてチコから成田までの飛行機をCheap Airで調べてみました。
09
緑と青でしるしをつけたところに注目してほしいです。
これは緑のとこだけみると私はANAに乗るんだ!って思ってしまうかもしれませんが、この場合だと乗る飛行機の機体はUnitedのものになります。それが青く囲んだところです。
Operated by United Airlinesとあるので、ANAで予約はしてあるけど、機体はユナイテッドだよっていうことを意味するわけです。
この小さい文字までちゃんと見ておかないと乗る直前にANAに乗るはずだったのになんでユナイテッドなんだよクソッ!!!ってなりかねません。(そうなったのがわたしです)
日系航空会社の美味しい機内食どころかアメリカの航空会社のドブ飯をたべるはめになるまえにここはきちんと確認しておくことを強くおすすめします。

そして実際に飛行機に乗る時にポイントとなるのが…
○利用する航空会社のアプリを駆使する(例はUnited Airlines: iTunesGoogle Play
 ⑴ Loadingするだけで乗る飛行機の最新情報を得ることができるからいちいち掲示板へ見に行く必要なし
 ⑵ アプリ内でチェックインも可能
 ⑶ (たくさん乗り継ぎがある場合は)自分が乗る飛行機が一目で分かる

自分がよく利用する航空会社のアプリはダウンロードしておいたほうが良いです。
アメリカでは遅延や欠航は当たり前 (時間通りに飛行機が出発することのほうがもはや気持ちが悪い笑) なので常に最新情報を手に入れることが大事です。あとよく搭乗ゲートも変わりますね。だからチケットに書いてあることがすべてじゃないんです。チケットの情報で信用できるのは便名くらいですよ笑 あとはいくらでも変わります。なのでアプリをダウンロードしてログインしておくと常に最新情報が更新されて行くので確認する上でとっても便利なわけです。
今の時代はスマホやタブレットという素晴らしいものがあるのでフル活用しましょう。
(※アプリをダウンロードして自分のフライトの最新情報を得るにはその会社の会員登録をしてアカウントを取得する必要があります。)

⑦Google Flightが高いなあって感じてしまうとき・・・

たまにGoogle Flightで表示される航空券が高いときもあります。そんなときはChapairKAYAKなどでも調べてみてください。
わたしのこれまでの経験上、この二つが安い飛行機が見つかる確率が高めです。10万円近く安く抑えられたフライトを見つけたのもKAYAKです(⇒詳細:【裏ワザ】NYから成田へ行く航空券を約8万円得した予約方法)
どこかのサイトで高いなあって思うフライトが表示されてもどこかのサイトでは安いっていうこともあるので諦めないでください。
---------------------------

というわけでこんな感じでしょうかね~。他にも良い席を選ぶコツとかあるんですが、わたしはそこまでプロフェッショナルじゃないのでここで言及するのはやめときます。
良い航空券の購入の仕方に関しては私もまだまだ勉強中の身なので言葉足らずなところが満載だとは思います。なにかツッコミがあれば私のTwitterにまでご気軽にメンションなり飛ばしてください。随時内容更新させていただきます。